主にZbrushユーザーがBlenderでモデリングするためのノウハウ集第2弾。一気に実践的な内容が増えました。

目玉記事:「Zbrushのフィギュアをボーンでポーズ変更する」

目玉記事はZbrushとAuto-Rig Proとの連携です。Auto-Rig Proでリグ入れしてポーズをつけつつ、Zbrushでスカルプトを進めるための詳細な手順が書いてあります。

表面に沿ってオブジェクトを配置する(しかも後から変更が簡単)

他、上図のように元の形状のトポロジとは無関係に表面に沿ってテキストオブジェクトを配置する方法など。文字テキストオブジェクトはほぼ可逆な状態ですので、2,3手順で簡単にテキストの差し替えができます。もちろん直線的に配置したり逆のカーブにするなどのカーブラインの変更も可逆です。